Windows 7 パソコンを修理して Windows 10 にする

久しぶりのパソコンネタ。

Windows 7 (Core i3) のパソコンを、使えるようなら修理して Windows 10 にしちゃおうという話です。すごく重くて、ときどきブルースクリーンになっちゃう、らしい。

とりあえず起動してみる

電源入れてみます。

特に問題なく起動、時間もさほどかかりません。見た目、なんの問題もないような。ブルースクリーンに落ちる気配もなし。

WindowsUpdate の最終更新日が 2014 年 3 月。「更新プログラムを確認しない」になってます。
Windows 7 で無茶苦茶重いやつは WindowsUpdate が完了していないことがよくあるけど、そうではないみたい。

ハードディスクをバックアップする

linuxBean をライブ起動して、内蔵ハードディスクの S.M.A.R.T. をチェックします。
ペンディングセクターが 40 あるけど、リアロケーションセクターは無し。不具合の原因はこいつかな。

Paragon の Backup&Recovery でディスク全体のバックアップをやってみたけど、ダメ。不良セクターがあると、こいつはバックアップしてくれないんです。

しょうがない、dd コマンドでやりましょうか。
内蔵ハードディスクの容量が 1TB なので、2TB の外付けハードディスクを USB につなぎます。外付けハードディスクにバックアップを保存するディレクトリを作成し、そこに移動してから、次のコマンドでハードディスクを丸ごとイメージファイルにします。

sudo dd if=/dev/sda of=./backup-disk-image.img bs=512 conv=noerror,sync

bs は読み書きするバイトサイズで、エラーを読み飛ばし (noerror) 、エラー個所は NULL で埋め (sync) ます。

実行すると、最初のあたりで読み込みエラーが発生していましたが、その後は順調に進み、一夜明けると終了していました。

ハードディスクの交換とリストア

バックアップ完了後、内蔵ハードディスクのペンディングセクタは 90 に増えていました。こいつはもう使えませんね。

内蔵ハードディスクを新しい 1TB のものに交換します。
交換したら、バックアップと同様に dd コマンドでリストアします。入出力の方向が逆になるので、間違えないように。

sudo dd if=./backup-disk-image.img of=/dev/sda bs=512 conv=noerror,sync

今度はエラーもなく順調に進みました。所要時間は約 12 時間でした。

Windows 7 を起動する

新しい内蔵ハードディスクから Windows 7 を起動します。最初と同様に、何事もないかのように起動しました。

リストアしたデータは不良セクタの情報をそのまま持っていますので、chkdsk C: /B を実行して再評価させておきます。

どの部分が不良だったかは確認してないのですが、ハードディスクの最初の方でしたので、Windows PE があるドライブ X: かもしれません。このあたりはよくわからん領域。時間があったら調べてみます。

Windows 7 を使っている分にはとりあえず問題ないので、まぁこのまま進めましょう。

Windows 10 へアップデートする

アップグレードする前に更新プログラムをインストールして最新の状態にしないといけないんでしょ?
って思っていたのですが…

WindowsUpdate で更新プログラムの確認を実行すると、80072EFE エラーとなりました。ググっていろいろやってみましたが、ダメ。
ほとんど更新されていない状態なので、先入れしたほうがいいらしい更新プログラムを入れても、ファイアウォールを無効にしたり関連ファイルを削除したりしても、WindowsUpdate コンポーネントをリセットしても、sfc /scannow やっても、なぁ~にしても、ダメ。

さすがにもう Windows 7 の更新はできないのかなぁ~

ん? Windows 7 を更新して利用するのが阻止されているとしたら、Windows 10 へのアップデートは絶賛推奨されるんじゃねぇ~の?

まず Backup&Recovery で現状をバックアップ。今度は不良セクタがないので、問題なく完了。
Windows 10 のダウンロードサイトから「この PC のアップデートを実行」する。

と…

Windows 10 へアップデート成功!

とゆ~ことで、故障していた Windows 7 機は、Windows 10 機として生き返りました。

タイトルとURLをコピーしました